ちゅんブログ(仮)

ちゅんブログ(仮)

不定期に日記、お金の話

2022年8月の運用状況

どうも、ちゅん(仮)です。

 f:id:ctyun39:20210502110750j:plain

 

お盆以降、入院患者さんがいったん落ち着きようやく休みが取れています。

といっても、世の中ではコロナ感染リスクが高い状態で推移しており、

私の勤務先でもコロナ病棟を準備し備えております。

職員にもコロナ感染者がじわじわ増えてきており、現場としては

2類やら5類やらの分類変更はほとんど恩恵がないですね。

高齢者が多く、感染させてはいけないという行動指針を

今までも、これからも守り続けるだけですので。

 

政治のほうは、コロナのことより統一教会問題で忙殺されている印象。

新しいワクチンや治療薬承認やら、一応仕事してはいるんだけど。

どうしても注目がそれてしまうよね。

 

 

しかし、せっかく休みをとれてのんびりできるぞ、というときに

パソコンが壊れ、復旧に奔走し再セットアップやらなにやら。

財布にも精神的にも優しくない、嬉しくない連休となってしまったなぁ。

HDDを交換したことでデータは消失してしまったけれど、

良かった点はアクセスや起動が明らかに早くなったことか。

YOUTUBEの視聴中の5秒先送りも読み込みが快適になった。

今までは5秒先送りしたいのにそれ以上、フリーズすることがあった。

思えばHDDの不良セクタやグラボの破損が邪魔して遅かったんだな。

壊れる前兆みたいなものだと覚えておこう。

高い授業料だ。

 

数年後はマザーボードやCPUを変える必要に駆られるだろうけど、

その時はSSDを導入したい。寿命に不安はあるけれど

MicrosoftなどがもうHDDを捨てる方向だから抗う必要がない。

 

 2022年8月終了時点での運用状況。

 

アメリカは高インフレに悩み、積極的な利上げ継続の様相ですね。

景気冷え込みを懸念して早めの利下げに動くかも、という期待は

淡くも打ち砕かれました。

株などリスク資産も8月中の上げを帳消しにする形となっています。

 

為替の方も、アメリカは利上げ、日本は緩和維持の状態なので

市中に出回る発行量を考えれば円安ドル高継続も自然の流れですね。

ドル円140円もただの通過点に過ぎないかもしれません。

短期間に一気に変動されると輸出も輸入も企業はつらいとこでしょう。

こればかりは日銀に打つ手なし。

政治はどうだろう。

 

S&P500も再度4000を割り込み、再度3600などを狙う形かと思います。

前回の下げ以上に落ちることも予想されますが、どうも悲壮感はなく。

キャッシュポジを多めにしている投資家が多いのでリーマンショック

コロナショックほどの混乱は起きないとの意見も多いようです。

 

現金多めで待機、下で待っている投資家は多く、ある意味買い意欲は

強いということでしょうか。

 

円安効果もあり、資産は今のところあまり減っていません。

出費も嵩み、これまでのような積み立ては難しいかもしれませんが

定年までは働きたくないでござる、な考えの持ち主なので

資産運用を継続です。

 

以上が2022年8月の運用状況、並びに近況の報告です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

パソコンが壊れました

どうも、ちゅん(仮)です。

 

表題のとおり、メインで使用していたパソコンが壊れまして

 

諸々のロスに打ちひしがれております。

 

HDD、グラフィックボード、電源ユニットが物理的に破損してしまい

 

データ救出も全くできず、新しいHDDにOSを再インストール。

 

新しく環境構築を行わざるを得ない状況に陥りました。

 

パーツ交換費用、しめて11万円なり。

 

正直いたい。

 

ちょっと自棄になって、少し良いグラフィックボードにしてしまった。

 

この円安と世界的な半導体不足で高いこの時期に...。

 

ちょっと反省している。

 

仮想通貨マイニングは下火になっているのか、いないのか

 

そっちの需要もあるからグラフィックボードは高いよね。

 

今回の変更を機に、久々に3D系のゲームやらやってみようかなと思う。

 

今だと、原神や幻塔であろうか。

 

どちらも国外タイトルの巨頭である。

 

MMOよりはソロプレイ中心なので原神のほうが候補かな。

 

キャラクタークリエイトに手をかけたいタイプでもないので。

 

 

 

環境変更に伴い、OSはサポート終了が迫るWIN8.1からWIN10に強制変更です。

 

古いアプリの切り捨てになるのでやりたくなかったけれどやむを得ず。

 

はてなブログもログインID、パスを思い出すのに時間がかかりました。

 

正直、匙を投げかけたけど、思い出せてよかった。本当に。

 

パソコンは買ってから少なくとも6年は経過し、毎日のように

 

使用していたから各パーツにも負担がかかり、寿命が来ていたんだな。

 

バックアップやこまめな保存、クローン作製などなど

 

今回を機に心がけようと思った。

 

人は痛い目を見ると学習するのだ...。

 

 

半年後は車検が控えており、そちらも10万円少々の出費となる。

 

最近の物価高と大型出費の連続で貯金、投資計画に少し狂いが出ている。

 

困ったものだ。

2022年7月の運用状況

どうも、ちゅん(仮)です。

 f:id:ctyun39:20210502110750j:plain

 

今年は例年と異なり、患者さんが減らず忙しい状況が続いている。

退院された方が数日から数週でとんぼ返りしてくるのも

正直なところ勘弁してほしい。

いや、年齢とこの暑さから考えればもう、しょうがないんだけども。

 

途中、職員のコロナ陽性で強制的に業務ストップもあり、

現場の右往左往ぶりもなかなかにひどい。

政治も現場に丸投げでやってる振り感を出すだけだしなぁ。

 

第7波が収まってから分類見直しなどを検討しますって

さすが検討使。

 

問題児の新人は3カ月経過して、どうにもならないとの

評価が定着中。前部署でも見捨てられてるし、わかってたことだけども。

忙しいのに向上心のない、学生以下の人のために労力を割くのがつらい。

給料大して変わらないのにね。

 

さて、そんな面白くない話はどうでもよいとして。

米国相場はなんだかリバウンド継続中。

高インフレは続いているが、急速な利上げの悪影響懸念もあり

当局も難しいかじ取りを迫られているようだ。

S&P500は正式にリセッション状態と思うが不思議に高い。

いつのまにやら4100を超えてきた。

一時3600まで下がったのに、見事な切り返し。

かといって安心感があるわけでもないけれど。

 

弱気派はこの上昇は一時的で秋以降などまた下がると

考えている向きも多いようだし、私個人も懐疑派。

秋以降の下落を待って温存の姿勢は崩さず。

気長だけど、どのみち積み立て投資だからちょうど良い。

 

とはいえ、日本でもインフレが進んできたというか、

正しい水準に物価の是正が進んできたというか、

なんでもかんでも高くなってきたので、投資信託以外に

キャッシュフローを増やしたい欲求にも駆られてます。

高配当個別株、増やそうかな。

明確な景気後退を待っていたら、それはそれで

買い時を逃しそうですね。

 

 

 2022年7月終了時点での運用状況。

 

S&P500指数の回復もあり、投信評価額が上昇。

また損益が拮抗する形まで戻りました。

今は口数を増やす時期。

銀行からSBIの口座への送金も再開します。

 

STEPNは崩壊するかと思いきや、謎の粘りを見せていますね。

靴のフロア価格も下落していたのに、上昇に転じてしまった。

安いところで靴9足、15足と増やしたかったのに残念。

地道にコモン靴を増やす、エナジーを増やす、アンコモン靴を手に入れる

とりあえず、この路線で行こうと思います。

ジェム装着はまたその後かな。

 

以上が2022年7月の運用状況、並びに近況の報告です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2022年6月の運用状況

どうも、ちゅん(仮)です。

 f:id:ctyun39:20210502110750j:plain

 

世のリスク資産相場と異なり5月から仕事の忙しさが

天井に張り付いたまま落ち着きません。

酷暑と相まって体力的にしんどいです。

有給を消化しないと消えてしまうので、10月入るまでには

状況が落ち着いてほしい。

仕事が落ち着いたら今年こそセルフ大型連休を作るんだ...。

こう書くと、死亡フラグにしか見えないのが不安である。

 

さて、投資環境の方は相変わらず最悪。控えめに行っても最悪。

米国株はリセッション入り懸念で盛り上がらず。

今のヨコヨコの動きが下値模索の途中にしか見えない状況が続いています。

円安で救われてるだけですが、生活目線で見ると

輸入コスト増大から物価高に繋がり、あちこちで

怨嗟を通り越して諦観の声が絶えない印象です。

コロナによるサプライチェーンの混乱から脱せず

需要と供給バランスが著しくおかしくなっている影響も大きいですが

ドル円135円はインパクトありますね。

S&P500は3500割れも見えてきた気もしますがどうなるか。

 

ほったらかしが一番よ、とよく言われますが

積み立てNISAやIDECOはそのままにしつつ、

一般枠での積立金額を若干減らしました。

下で拾えるチャンスを狙ってます。

 

 2022年6月終了時点での運用状況。

 

単純に入金額程度が増えている、という状況です。

評価損益率は先月とほぼ変わらず。

キャッシュフローがないと暇すぎて、最近はまた

SPYDやHDV、VTIなどETFのことを調べたりしてます。

手を出すかどうかは全く不明ですが。

 

stepnは見事、回収不能案件化しつつあります。

脱ポンジ化を頑張ってほしいところ。

暗号資産全体が盛り下がっているので厳しいか。

 

以上が2022年6月の運用状況、並びに近況の報告です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

stepnはゲームや健康アプリというより、投機の域を出ない

どうも、ちゅん(仮)です。

 

先月始めたstepnですが、個人的には

○○GOとか○○ウォーク系のアプリよりは面白いと感じています。

現時点での話ですが。

長続きするのであれば、トリマなどの移動系ポイントアプリよりも

よほど高利回り(参加料が高いけど)であるのがウリです。

 

それでも、月間収支のほうで触れたとおり他人には薦めるつもりはありません。

現状、ハイリスクの投機状態だから。

事業の継続性も怪しい。アプリそのものの収益を高める力、

基本として稼ぐ力が非常に弱いんですよね。

終わってしまうか、ステラルーメンみたいに一年がんばって歩いても

1000円ちょっとのアプリになってしまうかもしれません。

 

触った人にしかわからない話になるけれど、お金を突っ込んで

mintして増えたNFTを売り抜けるゲームと化してしまい、

本来の目的に歩いてゲーム内トークンを得て、所有NFTを成長させたり

トレードするところから逸脱が著しい状況なんですよね。

 

運営もコードを書くのはプロなんでしょうけど、

プロジェクトの長期視野に欠けるうえ、ユーザーコミュニティとの

対話がまるで素人レベルで魅力がない。

AMA(Ask Me Anything なんでも聞いて)という公式発表が

これまで何度も行われてきたわけなんですが、5月中旬以降は

運営が中身のない無駄なAMAを繰り返し開いて、その中で質問を無視したり、

ユーザーに逆切れ、開き直って説教するという斜め上の対応を繰り返し、

そのたびに失望され価値の崩落を招くという大失敗を繰り返していました。

もう黙れ、のハッシュタグも登場し苦笑いが止まりませんでしたよ、ええ。

 

ユーザーのことは何とも思っていないような運営でしたが、

少なくない支援者も離れていったことでようやく、後がないと

気づき始めたようです。遅いけど。

 

その結果、ようやくPR/マーケティング担当が定まったという

ニュースが今日、ありました。

coinpost.jp

 

アプリ始まってから、半年近く経過しているんですけどもね。

ただこれも、期待感は薄くなるのではと危惧しています。

失言、失敗を恐れて情報が小出し、かつ遅くなるだけなのではないかと。

 

インチェーンのsolanaもトラブル続きで、今年だけで7回停止している。

みずほ銀行並み、下手すればそれ以上なわけで、投資家の信頼を裏切るには

充分ですよね。

 

あくまで個人的な見解、しかも悲観寄りなので

根拠をもってそれは違うよ、という意見は大歓迎です。

 

○○ to earn系、NFTゲームは面白い試みだと思うので

コアがインデックス積み立て、サテライトでNFT系で今年はやっていこうかな。

SPYDが値崩れしないので、高配当ETFを弄る代わりに乱暴な挑戦をしてます。

terraみたいにはなってほしくないなぁ。

 

月並みですが、自己責任、かつ余裕の範囲を守る。

借金して投資は個人的意見としては論外です。

2022年5月の運用状況

どうも、ちゅん(仮)です。

 f:id:ctyun39:20210502110750j:plain

 

はてブに書いたことを少し見返すと、最近は疲れた疲れたと

呪詛や怨嗟のようなネガティブなことしか書いてない。

これは猛省が必要ですね。

他所のおっさんの愚痴とか、どう取り繕っても面白いものではない。

世相の悪さに甘えて弱気になってるなぁ。

 

 

さて、投資環境の方は相変わらず最悪。控えめに行っても最悪。

米国株はリセッション入り懸念で盛り上がらず。

今のヨコヨコの動きが下値模索の途中にしか見えない状況が続いています。

S&P500指数で言うと、好不調のセクターがごそっと入れ替わってますね。

ハイテク不調、エネルギー好調と。

捨てる神あれば拾う神ありで、おかげで指数下落は緩やかなんでしょうけども。

もうちょっと、下値に引き付けて買いを入れたい身としては

非常にじれったい動きを続けてますね。

3900で折り返すとは...。まぁまだ、これからでしょう。

 

それにしても毎日あれこれが値上げです、のニュースばかりで

いち消費者としてはウンザリしますね。

今までの安値が異常だったとも言えるんでしょうけども。

残念ながら賃上げ期待は出来ないので、家計の苦しさは増す一方でしょう。

やはり、自分でどうにか手立てを講じるしかない、となるわけですが。

 

 

 2022年5月終了時点での運用状況。



積み立ては続けているにも関わらず、評価額、資産残高は先月とほぼ一緒。

つまり積み立て分、値下がりしたってことですね。しょんぼり。

あと数年はこんな感じでしょう。

お金を増やしたいなら株や投信以外の副業にも目を向ける必要がある、と

最近は特に考えるようになりました。

焦って勝負に出る、ほどの勇気もないですけどね。

 

さて、インデックスの積み立てが暇で手を出した

アプリは過熱感、天井感が出ていたstepnだったわけですが、

開始して数日で大暴落に遭いました。こんなもんですね。

原資回収は数カ月先となりましたが、アプリ自体が終了したわけではないので

個人的にはあまり悲観してません。

現状でも投資金額に対して約日利1%とかいう、狂った世界です。

人にはお勧めしませんけどね。

これ税金、どうしたらいいんだろ。

税務署の人も確定申告の時期、前例ないから嫌だろうなぁ。

 

以上が2022年5月の運用状況、並びに近況の報告です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

精神的疲労がニュートラルにまだ戻らない

ちゅん(仮)です。

 

元々筆不精ではあるけれど、だいぶはてなブログを放置してしまいました。

他部署から放逐された新人問題児の教育と職場でのコロナクラスター再燃、

そしてそれ以上に米国利上げによる相場の盛り下がりで意気消沈気味です。

 

主に相場の下げでのモチベーション低下が9割くらいですけども。ええ。

 

人の教育って難しいね。

いくら3年で4人目だから、正直飽きたとはいえ、

4人目の新人さんからしたら、私は教育者2人目なんだよなぁ。

 

前の教育者に教わった時点で伸びててほしかったな。

教えたことが次の日にはリセットされてる、他の事へ

汎化されないってなかなかよ。

 

投資冬の時代で刺激がないのでNFTゲームでもしようかな。

 

なんて思ってる間に5月も終わり。

今月は資産、大して伸びてないのがわかってるけど

とりあえず、次の更新で月例のまとめは行おう。